投稿日:

自己破産をすると保証人にどういう影響がある?

自己破産をすると、借金を背負っている主たる債務者は良いかもしれませんが、それ以外の人間に大きな影響が及びます。
それは主たる債務者が自己破産をしたことで、借金の返済が不可能になり、その結果として借金の返済義務は保証人に移ります。
そういう人間がいなければ、債権者は全額を回収することは厳しいですが、保証人がいる場合には、その人からの回収が可能です。
ここが1番のリスクとも言える部分になりますけど、主たる債務者が返済ができなくなったことで、残った借金を返していかないといけない義務が生まれるのです。
したがって、主たる債務者が自己破産をしないで、なんとか頑張って返していこうとしている間はまだ大丈夫と言えるものの、本人がそれを諦めて、自己破産をすると、保証人に返済義務が回ってきてしまいますから、主たる債務者の匙加減によって、自分への影響があるか?ないか?決まるのです。
そういう事態があるということを事前に理解したうえで、本来はならないといけないということが言えます。
ちなみに、保証人も返済が困難になった場合には、自己破産などが可能なので、絶対に全額返さないといけないというわけではありません。
しかし、その場合でも今後の借り入れなどに影響がありますから、保証人になるときには注意が必要なのです。