投稿日:

自己破産のうち、「同時廃止」ってなに?

自己破産を行うと現在負っている借金の全額について免除してもらうことが可能です。
手続き完了後数年間は新たにローンを組むことが難しくなるなどのデメリットはありますが、負っている借金すべてを免除してもらえるので現在借金返済に苦しんでいる方にとってはものすごく大きなメリットのある方法であると言えます。
自己破産には手続き開始時に所有している財産があるかによっていくつか種類があります。
具体的には20万円以上の財産が手元にあるかどうか?によって「同時廃止」と「管財事件」の2つに分かれます。
同時廃止とは自己破産を行う人に手持ちの財産がない場合の手続きで最も簡便な手続きになります。
手続きに必要な費用も裁判所への申し立て費用と専門家に代行を依頼している場合にはその報酬額のみとなります。
管財事件は債務者に財産がある場合の手続きで、自己破産手続き期間中に財産を管理する「管財人」の選任を行うなど手続きが複雑なものになります。
管財人に対して支払う手数料が発生するほか、弁護士費用についても同時廃止の場合よりも高額になることが多いです(10万円程度のプラスになるのが相場のようです)
自己破産は債務者自身が自力で行うことも法律上は可能ですが、実際には多くの人が弁護士などの専門家に手続きの代行を依頼しています。