投稿日:

おまとめローンは救世主ではない

多重債務の解消法として利用されているおまとめローン。
アコムでお金を借りるなどをして作った借金を一本化することで金利を減額し、借金の総額を抑えることができる効果があるとして、これまで多くの人が利用していましたが、ここ数年おまとめローンを契約したことによってトラブルを抱えるケースが増加しているのです。
おまとめローンを契約するとき、ついつい金利だけを見て契約をしていませんか?
確かに、おまとめローンで借金を減額するためには、借金を一本化するローンの金利が安いことが絶対条件です。
しかし、金利ばかりみていると、大きな落とし穴に落ちてしまうことがあります。
注意しなければいけないのは、毎月の返済額とのバランスです。
もしも借金を一本化したとしても、毎月の返済額をこれまでと同様に行うのであれば、金利だけに注意すれば問題ありません。
問題は毎月の返済額を減額してしまった場合です。
例え金利が安くなったとしても、毎月の返済額を大幅に減少してしまえば返済にかかる月日が追加されることになり、その分利息が増額し、借金総額も同時に増額してしまう結果となるのです。
今おまとめローンでトラブルを抱えている人の多くは、この落とし穴にはまっている人がほとんどで、こうなってしまうと債務整理などの自己破産による救済措置しかとれなくなってしまうのです。
借金を減らすために新たに借金をしたのに、最終的に借金が増えてしまうのであれば、まったく意味がありません。
もちろん中には借金を減らしてでも、毎月の生活を少しでも楽にしたいと考える方もいますが、最終的には増やした借金に苦しむことになりますから、絶対に借金は今以上増やすべきではないのです。
では、どうすればおまとめローンを救世主にすることができるのでしょう?
それは金利だけではなく、月々の返済などを含め、しっかりとシミュレーションをすることです。
【僕らのおまとめローン体験記】複数の借金は一本化することで楽になる!
こちらで紹介されている成功例は、この手順を踏んでいます。
多くの人は大まかな目安でローンシミュレーションをしています。
しかし、それではせっかくのシミュレーションも意味はなく、1円単位で計算することで、正しくおまとめローンの効果を知ることができます。
そして、できれば毎月の返済額を変更しないことが一番大切です。
生活に支障をきたしている場合は多少の減額は必要かもしれませんが、それでも必要最低限に抑えて、おまとめローンを上手く活用することが必要です。
それでも生活が厳しいとなったら、おまとめローンを契約する前に、債務整理を検討することも頭に入れておくといいですね。

おまとめローンはどこがいいのか?その見極め方は?

おまとめローンを検討する際、必ず多くの方が『どこがいいいのか』という問題に突き当たります。
特に近年では、銀行系のおまとめローン以外にも消費者金融系おまとめローンも勢いに乗っています。
消費者金融系のおまとめローンは、貸金業法に詳しい方なら総量規制が適用され、年収の1/3までの融資しか受けられないと認識している筈です。
しかし、『貸金業法に基づく借り換えローン』となる場合、貸金業法が適用される借入については総量規制対象外となります。
また、銀行系のおまとめローンは貸金業法が適用されないため、融資上限は申込者の借入状況や返済状況、そして収入状況が融資条件に含まれます。
ただし、信用情報に問題がなく、収入も安定している場合は消費者金融系のおまとめローンよりも金利が低いため、おすすめとなります。
その他、おまとめローンを検討する際、どこがいいか選ぶポイントとしては保証会社がどのような会社であるかです。
ズバリ、保証会社が大手消費者金融の場合、おまとめローンとしてはおすすめ出来ない点があります。
それは、銀行の審査結果と保証会社の審査結果に乖離が生じることとなり、結果としておまとめローンで一本化出来る範囲が狭まる可能性があります。
もし、おまとめローンの申し込みをする際は大手メガバンクの100%子会社が保証会社である方が、断然おすすめ出来ます。
保証会社は万が一の際、代理弁済を行うこととなり、企業としては不安要素のある申込者はなるべく避けたいと考えます。
特に消費者金融の場合、過払い金返還請求により企業体質が弱体化していることがあるため、より審査や補償額が厳しいこととなります。

おまとめローンは2回目のローン一本化も可能なのか?

複数社から借り入れがある際、ローン毎に異る金利や支払日を一本化する方法としておまとめローンがあります。
おまとめローンは、基本的には借り替えローンに該当し、各種ローンの一本化を行う方法です。
しかし、おまとめローンは基本的に借り替えローンとなるため、それ以外の目的には利用できないものもあります。
そのため、現金が急遽必要になる際や子供の教育資金確保のためのローン契約が将来的に発生する可能性が出てきます。
その結果、借り入れ先毎に異る金利および支払日という問題が再発することとなり、再度おまとめローンの契約が可能か検討します。
実際のところ、おまとめローン自体を繰り返すことは何ら問題は生じなく、複数社からの借り入れが一括返済されたということになります。
また、ローンの一本化後には支払日に銀行口座に残高が不足し、遅延といった金融事故が生じなければ2回目のおまとめローン契約は可能となります。
しかし、あまりローンの借り替え自体は利用者自身にとって、好ましくない状態を引き起こします。
それは、返済期間が長期化することであり、余裕があると思った際には繰り上げ返済を心掛ける必要があります。
特に、おまとめローンや借り換えローン自体により、返済期間が延長出来るといった考えでの利用はオススメできず、2回目の利用になると利息が増加し債務超過の危険性も生じます。