投稿日:

おまとめローンは救世主ではない

多重債務の解消法として利用されているおまとめローン。
アコムでお金を借りるなどをして作った借金を一本化することで金利を減額し、借金の総額を抑えることができる効果があるとして、これまで多くの人が利用していましたが、ここ数年おまとめローンを契約したことによってトラブルを抱えるケースが増加しているのです。
おまとめローンを契約するとき、ついつい金利だけを見て契約をしていませんか?
確かに、おまとめローンで借金を減額するためには、借金を一本化するローンの金利が安いことが絶対条件です。
しかし、金利ばかりみていると、大きな落とし穴に落ちてしまうことがあります。
注意しなければいけないのは、毎月の返済額とのバランスです。
もしも借金を一本化したとしても、毎月の返済額をこれまでと同様に行うのであれば、金利だけに注意すれば問題ありません。
問題は毎月の返済額を減額してしまった場合です。
例え金利が安くなったとしても、毎月の返済額を大幅に減少してしまえば返済にかかる月日が追加されることになり、その分利息が増額し、借金総額も同時に増額してしまう結果となるのです。
今おまとめローンでトラブルを抱えている人の多くは、この落とし穴にはまっている人がほとんどで、こうなってしまうと債務整理などの自己破産による救済措置しかとれなくなってしまうのです。
借金を減らすために新たに借金をしたのに、最終的に借金が増えてしまうのであれば、まったく意味がありません。
もちろん中には借金を減らしてでも、毎月の生活を少しでも楽にしたいと考える方もいますが、最終的には増やした借金に苦しむことになりますから、絶対に借金は今以上増やすべきではないのです。
では、どうすればおまとめローンを救世主にすることができるのでしょう?
それは金利だけではなく、月々の返済などを含め、しっかりとシミュレーションをすることです。
【僕らのおまとめローン体験記】複数の借金は一本化することで楽になる!
こちらで紹介されている成功例は、この手順を踏んでいます。
多くの人は大まかな目安でローンシミュレーションをしています。
しかし、それではせっかくのシミュレーションも意味はなく、1円単位で計算することで、正しくおまとめローンの効果を知ることができます。
そして、できれば毎月の返済額を変更しないことが一番大切です。
生活に支障をきたしている場合は多少の減額は必要かもしれませんが、それでも必要最低限に抑えて、おまとめローンを上手く活用することが必要です。
それでも生活が厳しいとなったら、おまとめローンを契約する前に、債務整理を検討することも頭に入れておくといいですね。

おまとめローンはどこがいいのか?その見極め方は?

おまとめローンを検討する際、必ず多くの方が『どこがいいいのか』という問題に突き当たります。
特に近年では、銀行系のおまとめローン以外にも消費者金融系おまとめローンも勢いに乗っています。
消費者金融系のおまとめローンは、貸金業法に詳しい方なら総量規制が適用され、年収の1/3までの融資しか受けられないと認識している筈です。
しかし、『貸金業法に基づく借り換えローン』となる場合、貸金業法が適用される借入については総量規制対象外となります。
また、銀行系のおまとめローンは貸金業法が適用されないため、融資上限は申込者の借入状況や返済状況、そして収入状況が融資条件に含まれます。
ただし、信用情報に問題がなく、収入も安定している場合は消費者金融系のおまとめローンよりも金利が低いため、おすすめとなります。
その他、おまとめローンを検討する際、どこがいいか選ぶポイントとしては保証会社がどのような会社であるかです。
ズバリ、保証会社が大手消費者金融の場合、おまとめローンとしてはおすすめ出来ない点があります。
それは、銀行の審査結果と保証会社の審査結果に乖離が生じることとなり、結果としておまとめローンで一本化出来る範囲が狭まる可能性があります。
もし、おまとめローンの申し込みをする際は大手メガバンクの100%子会社が保証会社である方が、断然おすすめ出来ます。
保証会社は万が一の際、代理弁済を行うこととなり、企業としては不安要素のある申込者はなるべく避けたいと考えます。
特に消費者金融の場合、過払い金返還請求により企業体質が弱体化していることがあるため、より審査や補償額が厳しいこととなります。

おまとめローンは2回目のローン一本化も可能なのか?

複数社から借り入れがある際、ローン毎に異る金利や支払日を一本化する方法としておまとめローンがあります。
おまとめローンは、基本的には借り替えローンに該当し、各種ローンの一本化を行う方法です。
しかし、おまとめローンは基本的に借り替えローンとなるため、それ以外の目的には利用できないものもあります。
そのため、現金が急遽必要になる際や子供の教育資金確保のためのローン契約が将来的に発生する可能性が出てきます。
その結果、借り入れ先毎に異る金利および支払日という問題が再発することとなり、再度おまとめローンの契約が可能か検討します。
実際のところ、おまとめローン自体を繰り返すことは何ら問題は生じなく、複数社からの借り入れが一括返済されたということになります。
また、ローンの一本化後には支払日に銀行口座に残高が不足し、遅延といった金融事故が生じなければ2回目のおまとめローン契約は可能となります。
しかし、あまりローンの借り替え自体は利用者自身にとって、好ましくない状態を引き起こします。
それは、返済期間が長期化することであり、余裕があると思った際には繰り上げ返済を心掛ける必要があります。
特に、おまとめローンや借り換えローン自体により、返済期間が延長出来るといった考えでの利用はオススメできず、2回目の利用になると利息が増加し債務超過の危険性も生じます。

投稿日:

破産後に競売に出される不動産物件を買う方法

破産をした人が不動産物件を所有している場合は、それが競売にかけられることとなります。
裁判所が管理運営する不動産競売に参加をすれば、一般の相場より安い価格で破産者が持っていた優良物件が手に入る可能性があります。
破産をする人は、意外といい物件を持っているケースが多いです。
会社の社長が所有していた大きな家などが、この方法でなら安く購入できる可能性があります。
一般的に、不動産競売では相場の8割程度の値段で物件が落札されていくといわれています。
億を超える物件が出品されたときには、多くの人が競売に参加をして落札を狙います。
一億円の8割なら、およそ2000万円程度は得をすることができるわけですから、その差は非常に大きいです。
不動産競売には、個人でも参加をすることができます。
不動産会社との落札競争になるので、なかなか厳しい戦いにはなりますが、勝つことが無理なわけではありません。
また、基本的にはノーリスクで参加をすることができる点も魅力です。
保証金として一定のお金は入れておかなければなりませんが、そのお金は落札ができなかったときには全額返還されます。
ただ、不動産会社が販売している住宅のように権利関係が綺麗なものばかりではない点に注意が必要です。

投稿日:

債務整理で一括返済すると元金の減額交渉に応じる業者もいます

借金の支払いが遅れると催促の連絡が来るので、毎月のように返済が滞ってくると一括返済を求められます。
支払いの遅れは遅延損害金も含まれてしまうので、放置してる時間が長いほど負担も大きくなってきます。
借金の催促を止めるには債務整理をすると業者と弁護士が話し合ってくれるので、連絡が業者の方に行けば催促は止まります。
債務整理は任意整理という業者と話し合うだけで借金を減らせる手続きがあります。
借りた人と業者が直接連絡しても決められた返済額は守ってくれと言われるだけですが、弁護士を通せば支払いの一部を免除してくれます。
ほとんどは利息をカットして元金だけにしてくれるので毎月の支払額がかなり減ります。
元金が残りあとわずかだった場合は一括返済を選択した方が全体の7、8割減額することが可能なので、業者と話し合って折り合いが付けば元金を減らして完済していけます。
業者と弁護士が話し合っても和解しないのであれば債務整理の個人再生で裁判所を通して支払い方法を考えることになります。
個人再生でもかなり減額できるので和解が進めば分割払いしながら返済できます。
弁護士にかかる費用は一括返済せずに数年に分けて払っていけるので負担なく返せます。

投稿日:

自己破産のうち、「同時廃止」ってなに?

自己破産を行うと現在負っている借金の全額について免除してもらうことが可能です。
手続き完了後数年間は新たにローンを組むことが難しくなるなどのデメリットはありますが、負っている借金すべてを免除してもらえるので現在借金返済に苦しんでいる方にとってはものすごく大きなメリットのある方法であると言えます。
自己破産には手続き開始時に所有している財産があるかによっていくつか種類があります。
具体的には20万円以上の財産が手元にあるかどうか?によって「同時廃止」と「管財事件」の2つに分かれます。
同時廃止とは自己破産を行う人に手持ちの財産がない場合の手続きで最も簡便な手続きになります。
手続きに必要な費用も裁判所への申し立て費用と専門家に代行を依頼している場合にはその報酬額のみとなります。
管財事件は債務者に財産がある場合の手続きで、自己破産手続き期間中に財産を管理する「管財人」の選任を行うなど手続きが複雑なものになります。
管財人に対して支払う手数料が発生するほか、弁護士費用についても同時廃止の場合よりも高額になることが多いです(10万円程度のプラスになるのが相場のようです)
自己破産は債務者自身が自力で行うことも法律上は可能ですが、実際には多くの人が弁護士などの専門家に手続きの代行を依頼しています。

投稿日:

個人再生の利用によって得られるメリット・デメリット

個人再生は、借金問題の解決に用いられている手法の一つです。
裁判所に個人再生計画を提出して申し立てをしますが、自己破産のように全ての債務の責任から逃れることはできません。
再生計画案に基づいて、減額された債務を3年若しくは5年以内に分割払いで完済する義務があります。
借入金の総合計金額が100万円未満では減額が適用されず、100万円以上が減額対象となっています。
減額される金額は借入金額によって異なりますが、いずれにしても月々の支払額が大幅に減り、生活に余裕が生まれます。
住宅や車などの財産を手放す必要がなく、家族が悪影響を被るリスクも極めて低いです。
家庭を崩壊させずに、支払額を減額する法の下の救済措置であり、生活を見つめ直す良いチャンスです。
司法事務所で個人再生の手続きを開始することで、債権者が給料の差し押さえ行為や強制執行をできなくなるため、支払い請求に追われ、いつも不安に怯えながら生活する必要もなくなります。
ただし、一定の支払額を確保できる継続的かつ安定的な収入の目処が立たなければ、この手法は活用できません。
また、再生計画の支払い額を完済しても、約5年から10年間はブラックリストに名前が記されるため、ローンでの商品の購入やクレジットカードの作成が出来なくなります。

投稿日:

自己破産をすると保証人にどういう影響がある?

自己破産をすると、借金を背負っている主たる債務者は良いかもしれませんが、それ以外の人間に大きな影響が及びます。
それは主たる債務者が自己破産をしたことで、借金の返済が不可能になり、その結果として借金の返済義務は保証人に移ります。
そういう人間がいなければ、債権者は全額を回収することは厳しいですが、保証人がいる場合には、その人からの回収が可能です。
ここが1番のリスクとも言える部分になりますけど、主たる債務者が返済ができなくなったことで、残った借金を返していかないといけない義務が生まれるのです。
したがって、主たる債務者が自己破産をしないで、なんとか頑張って返していこうとしている間はまだ大丈夫と言えるものの、本人がそれを諦めて、自己破産をすると、保証人に返済義務が回ってきてしまいますから、主たる債務者の匙加減によって、自分への影響があるか?ないか?決まるのです。
そういう事態があるということを事前に理解したうえで、本来はならないといけないということが言えます。
ちなみに、保証人も返済が困難になった場合には、自己破産などが可能なので、絶対に全額返さないといけないというわけではありません。
しかし、その場合でも今後の借り入れなどに影響がありますから、保証人になるときには注意が必要なのです。

投稿日:

任意整理でも車ローンの申し込は可能です

債務整理をすると信用情報に記録されてしまうので車のローンを組むときに審査に影響を与えることがあります。
裁判所で手続きを行うことで官報にも掲載されてしまうので、販売会社がデータを作成していた金融会社に申し込むと審査に落ちることもあります。
信用機関に登録されるのは5年と言われてるのでそれを過ぎれば審査に通ります。
任意整理の場合は裁判所を通さないので官報に載ることもないため、販売会社のデータには記録されないです。
ディーラーでも独自にデータを作成していますが、同じ系列の金融会社でなければ横のつながりがないのでローンは組めます。
車を購入するときは分割払いがほとんどなので、最初の頭金はできるだけ多めにしておくと後の支払いが楽になります。
頭金が多ければ残りの支払回数が減るので、業者の方でも基準を甘くする可能性があります。
任意整理中に車のローンを組めるかといえば、裁判所を通さないので組むことはできますが、原則としてそれ以上の借入れはしない方が良いでしょう。
車を担保にするローンもあるので任意整理中にお金に困った場合は、自動車ローンに申し込むという方法もあります。返済の遅延が信用情報に残るのでブラックリストにならないように心がけが大切です。

投稿日:

キャッシングと任意整理などの手続きについて

任意整理とは簡潔にいうと借金を整理してもらうことです。
弁護士、司法書士などに依頼が可能で、債権者との交渉もしらもらうことができます。
取り立てもストップするので、返済が滞っている人にとっては大きなメリットとなるでしょう。
また裁判所への手続きも必要が無いので、手間もあまりかからない利点があります。
大抵はキャッシング、カードローンの利用者が行うもので、債務整理の一種でもあります。
キャッシングは利用方法によって過払いのある無し、返済状況などが異なる傾向にあるので、債務整理のような手続きが必要となる人もいるのです。
任意整理で済む人もいれば、自己破産や個人再生などが必要となる人も少なくありません。
キャッシングを長期間にわたって利用していると、過払いも発生していることがあり得ます。
その場合も弁護士などへ相談し、過払い金請求の手続きに踏み切りましょう
任意整理以外の手続きを取ったほうが良いというケースもあります。
状況に応じて行動しましょう。
幸い昨今の法律事務所などではキャッシング、カードローン等の相談を格安で受け付けているところが多いです。
最初の30分から1時間程度なら無料といった法律事務所もあります。

投稿日:

100万でも任意整理を選択する事は可能

100万ほどの融資をしており、どうしても返済する事ができない事が分かった場合には、任意整理を行って借金を軽減もしくは無くす事が可能です。
実際に借金を軽減する為に任意整理を実施しており、望んでいる結果を得る事に成功している方はたくさんいます。
自分で実施するのは難しいと考えている方は、弁護士や司法書士などに依頼する事で速やかに実施してくれるので、心強い味方として最大限のサポートを実施してくれます。
しかし100万ほどの借金は、残念ながら返せない金額ではありません。
特に日々仕事をしている方にとって、ちょっとでも収入を増やす為に副業を行ったり、家計を見直すなどの工夫を行う事で少しずつ返していく事ができるかもしれません。
任意整理を実施する事で、100万程の借金に対して、何かしらの変化を与える事ができます。
しかしデメリットも発生するので、全てがいいという訳ではありません。
100万くらいの場合には、逆に任意整理のデメリットが大きく発生してしまう事があるので、慎重に考える事が大切です。
地道に返済していく事ができれば、返せない金額ではないのでよく熟考して、本当に返済する事ができないのか検討する事が求められてきます。

投稿日:

任意整理には費用と書類が必要になる

任意整理するには費用と書類が必要となります。
任意整理したいけれど手続きはどのようにすればいいのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では任意整理の流れについて解説していきます。
任意整理はまず弁護士に相談するところから始まります。
弁護士にはこれまでの借入額や取引履歴、自身の財産などを報告する事になります。
また、相談する際に必要となる書類ですが、身分証明書や契約書、毎年の確定申告書などの書類が必要となる事が多いです。
次は債務整理方法を決め、支払いを停止します。
返済計画の決定後に支払いが始まります。
それまではすべての支払いが停止する事になります。
ちなみに支払いを停止する際は、債権者や貸金業者と和解契約を結びます。
支払いの停止後は弁護士が債権者と交渉します。
債権者と和解をする事が出来たら、和解契約を締結します。
和解契約の締結後に弁護士から内容についての説明があります。
和解契約内容に沿って返済プランが決められますので、返済をするという流れとなります。
任意整理において重要となるのは、どのような弁護士に相談するかという事です。
弁護士次第で返済プランは異なってきますから、信頼出来る弁護士を選ばれる事をお勧めします。