投稿日:

破産をするという意味は

破産をする、というのは、非常にリスクがあります。
しかし、メリットもありますから、それは覚えておくことです。
具体的には債務が帳消しになりますから、どうしても債務で首が回らない状態になった人には必要な制度であるといえます。
それが意味のある行為であるのか、というと確かにあります。
破産とは法律的な行為でもあります。
ですから、強制的になります。
その為、債務者との話し合いは不要になります。
キチンと裁判所で許可が出た場合、特に意義ができるわけではないです。
そうした意味では非常に有難い制度ではあります。
しかし、軽々しくやるようなことではないです。
何しろ破産をする、というのは、自分には金融信用情報がないことを意味するからです。
ですから、そんなに簡単にやるべきではないですし、少しでも任意整理の可能性があるのであれば、そちらにするべきであるといえます。
自己破産にするかどうかは、弁護士などと相談をして決めることになります。
それが基本中の基本であるといえます。
そうすれば、自分にとって良い行為とすることができるようになりますから、まずは弁護士に相談です。
但し、これにもお金がかかることになりますから、覚悟したほうがよいです。